S-Labo

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

人種差別ラップThis Is NigeriaWe are the world:25 for Haitiお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタCreepy Nutsman in the mirrorお金Shojin-Projectマインドフルネスガキ使フリースタイルダンジョンHIP HOPいじめ一水四見セクシャルマイノリティLGBTコラムThis is AmericaストレスゲイバーWe are the worldThis is JapanR-指定Black or Whiteマイケル・ジャクソンダイエットリラックスアロマMichael Jacksonエンディング産業展イベントChildish Gambinoロボットインタビューエッセイゲイ研究SOGIHOME MADE 家族くせのうたお坊さん
S-Labo
tags

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

人種差別ラップThis Is NigeriaWe are the world:25 for Haitiお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタCreepy Nutsman in the mirrorお金Shojin-Projectマインドフルネスガキ使フリースタイルダンジョンHIP HOPいじめ一水四見セクシャルマイノリティLGBTコラムThis is AmericaストレスゲイバーWe are the worldThis is JapanR-指定Black or Whiteマイケル・ジャクソンダイエットリラックスアロマMichael Jacksonエンディング産業展イベントChildish Gambinoロボットインタビューエッセイゲイ研究SOGIHOME MADE 家族くせのうたお坊さん

僧侶、ゲイバーへ行く。|S-Labo

僧侶、ゲイバーへ行く。

本多 清寛
SOGILGBTセクシャルマイノリティゲイバー

本多です。マツコ・デラックスさんが2016年上半期の新CM女王に輝きました。この件についてミッツ・マングローブさんは「女性部門ってのはどうなんだろ」と疑問をぶつけ、二人は四時間も電話していたそうです。TOKYOMX「5時に夢中!」にて、ミッツさんは「動物部門を作ればいい」と発言し、スタジオを沸かせていました。この発言、昔の私ならば悪口にしか感じなかったのですが、今は素直に笑ってしまいます。その変化のきっかけになったお話です。

ゲイバー4

僕はまだゲイも知らない。

私がLGBTやその他のセクシャルマイノリティ(以下セクマイ)の方々に興味を持ったのは同性婚が気になったからでした。実は、お寺で結婚式を行う「仏前結婚式」というものがあります。それは出会ったご縁を祝い、仏様の前で夫婦としての誓いを行うものなのですが、そこで同性婚が出来ないのかどうか疑問に思ったのです。ただ、その時の私は同性婚にまつわる問題や、それを必要とする方々についての知識がなく、具体的にどうしたらいいのか分かりませんでした。

結婚の意味が分からない。

私はまず、結婚式について調べました。結婚の歴史、ゼクシィが行っている結婚についてのアンケート、現行の民法、明治民法、様々な資料を読み、結婚というものが多様な形を持つということに驚きました。例えば、平安時代の結婚は恋愛とほぼ変わらないとか、今の民法は核家族を理想の家族としているとか。一番驚いたのは、結婚によって作られる家族というものの定義が出来ないということでした。これは2000年に、アナン国連事務総長(当時)が述べたメッセージの内容です。私にとって結婚は家族を作ることでしたが、それは個人的な一つの見解に過ぎなかったのです。

日本国憲法では許されないの?

戸籍上で同性となってしまうパートナーと婚姻を結ぶことはできません。日本国憲法では「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」と述べられています。これは、家父長制度の下で行われた合意のない結婚を辞めさせるために制定されたとされています。つまり、夫婦になりたいと思った人のみ結婚しましょうということです。これって夫婦の性別が違う必要があるのでしょうか?もし、夫婦というものが子どもを産むための制度なら男女である必要があるでしょう。しかし、結婚の条件に生殖能力の有無は問われません。

ゲイバーでゲイのママに結婚について聞いてみた。

結婚について調べたところで、実際に同性のパートナーを持つ人が結婚したいのかどうかが分からなかったので、ゲイバーに行ってみました。すると、ゲラゲラ笑いながら、結婚云々よりも前にやって欲しいことがあると言われました。それはSOGI(性的指向と性自認)というものを知って欲しいということです。そもそも、ゲイやレズビアンといわれる同性愛者は隠されており、パートナーが見つけにくいのは当然です。パートナーがいないと結婚は出来ません。また、もし結婚できたとしても日本の婚姻制度は異性同士の夫婦を想定して作られているので、どうしても上手く行かない部分もあります。ですから、パートナーが居たとしても異性愛者向けの婚姻に巻き込まれたくないという意見もありました。

ゲイバー独特の雰囲気

結婚や仏教に関していろんな質問をしながら、ゲイバーの雰囲気が独特なことに気が付きました。それは「蔑みの文化」です。なぜかゲイ同士で蔑みあいながら話をされていました。特徴的なのはブスの語法。「あんたブスね」という会話には、互いが社会的に抑圧されている存在であることを確かめ合うような響きと、それを慰め合うような愛を感じます。完全に勝手な妄想なのですが。。。 とにかく、私はその文化に触れ、とても楽しかったのでした。冒頭の「動物部門をつくればいい」というミッツさんの言葉も、蔑みの文化からくるものだろうと思うと、マツコさんとミッツさんの関係が良いものなのだろうと感じます。まぁ、お二人にお会いしたことはないので、ただのノンケ坊主の妄想なんですけども。 そんなことを学んだゲイバーの夜でした。

僧侶、ゲイバーへ行く。|ページトップ