S-Labo

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

ガキ使研究セクシャルマイノリティイベントWe are the worldLGBTリラックスエッセイインタビューThis Is Nigeriaお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタコラムBlack or WhiteWe are the world:25 for Haiti人種差別フリースタイルダンジョンゲイいじめShojin-ProjectHIP HOPお坊さんくせのうたお金man in the mirrorラップマイケル・ジャクソンゲイバーロボットCreepy NutsHOME MADE 家族ストレスR-指定マインドフルネスThis is AmericaThis is Japanアロマエンディング産業展一水四見Michael JacksonChildish GambinoSOGIダイエット
S-Labo
tags

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

ガキ使研究セクシャルマイノリティイベントWe are the worldLGBTリラックスエッセイインタビューThis Is Nigeriaお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタコラムBlack or WhiteWe are the world:25 for Haiti人種差別フリースタイルダンジョンゲイいじめShojin-ProjectHIP HOPお坊さんくせのうたお金man in the mirrorラップマイケル・ジャクソンゲイバーロボットCreepy NutsHOME MADE 家族ストレスR-指定マインドフルネスThis is AmericaThis is Japanアロマエンディング産業展一水四見Michael JacksonChildish GambinoSOGIダイエット

結婚って何するの?|S-Labo

結婚って何するの?

本多 清寛
結婚婚活婚姻

婚活。「結婚活動」を略して婚活。この言葉を提唱した山田昌弘氏は、結婚をするために何かしらのアプローチが必要な時代が到来していることを警鐘するための言葉だと仰っています。また、従来の結婚生活ではなく、互いに協力する新たな結婚生活が必要だとも述べられていました。しかし、婚活は合コンなどの出会うためのサービスを利用することを指す言葉として使われ、結婚すれば婚活が終了するということになってしまっています。それでは、本来「結婚」とは何をするものだったのでしょうか。それを考えてみます。

結婚式2

日本の法律的「結婚」

法律用語では婚姻といいます。日本の民法は、第731条から第771条までの全40条が婚姻に関する法律となっています。これらを読むと、今の日本の結婚がどのようなものかが分かります。一言で結婚と言っても、歴史上たくさんの結婚の形がありました。現在の日本では一人の男性と一人の女性が婚姻を結ぶことが普通の結婚であり、それ以外は一般的な結婚とは考えられていないようです。ただ、欧米各国が同性婚を容認し始めたこともあり、同性婚という言葉が知られるようになってきました。日本でも、なんらかの処置が取られるようになると思われます。また、海外の結婚に目を向けてみれば、一夫多妻の国があったり、その逆があったり、結婚の形は多種多様です。ただ、生活を支え合うという点では同じことのように思います。

日本の古来の「結婚」

さて、それでは昔の日本はどのように生活を支え合っていたのでしょうか。九世紀くらいまでは、対偶婚と呼ばれる結婚の形がありました。一言で表すと「気が向いたとき」の関係。実際には、社会的な束縛などがあったのかもしれませんが、基本的には好きだから一緒にいて、そうでなければ離れる結婚の形です。互いに合意の上でくっついたり離れたりしていたと考えられています。

古代の子ども事情

対偶婚を行っていた時代では、産室(うぶや)という小屋を作り、そこで出産をしていました。そこで父母が相談し、産まれた子どもを育てるかどうか決めていたことが分かっています。時代が下ると、家長の決定に従って子を殺すこともありますので、この時代は結婚した二人に子育ての決定権がありました。悲しいことではありますが、経済状況などの理由で育てられないことがあるというのは、いつの世も変わらないのかもしれません。
ただ、結婚している二人で相談して子育てを決めているということは、子育てのために結婚しているわけではなさそうです。

結婚と財産

財産を持つようになると、その日暮らしの生活から未来を考える生活になります。縄文時代、採集や狩猟を繰り返していた人びとは、農耕を覚え、集落を作っていきます。そうすると、農作物が貯蓄できるようになり、財産を管理する人びとが生まれて来ます。それが世代間で受け継がれるようになると、集落が安定するわけです。この安定と未来志向こそが、結婚と恋愛を分ける重要な要素になります。

結婚と恋愛

 ・恋愛している
 ・結婚している
これ、一見同じ「している」の表現ですが、「している」と「して+居る」という意味なのでけっこう違います。恋愛しているのは現在進行形、結婚しているというのは自分の状態を表していますよね。もう少しいうと、「私は、恋愛している真っ最中」と「私は、すでに結婚している状態」という違いがあります。
恋愛は儚いもの、結婚は安定するものというイメージがありますが、言葉の使い方から考えてみても、間違ってはいないようです。

結婚と人生

結婚にはいろんな形があります。国や地域、部族によっても様々です。しかし、一人では生活できない人間が、安心できる生活を求めて行うものが結婚と考えてもいいのではないでしょうか。結婚した結果、別れることもあると思います。けれど、結婚を決めたのは、自分の将来を幸せなものにしたい、安心できる生活をしたいと思うからこそです。

結婚とは何をするものか。それは協力して安心を培うことです。それは私が仏教に取り組む理由と同じでした。

結婚って何するの?|ページトップ