S-Labo

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

お坊さんマインドフルネスWe are the world:25 for Haitiお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタいじめアロマコラムSOGIThis is AmericaShojin-Projectman in the mirrorリラックスゲイMichael JacksonHOME MADE 家族マイケル・ジャクソンR-指定ダイエットインタビューガキ使This Is Nigeriaストレスイベントエンディング産業展ゲイバーBlack or WhiteLGBTお金We are the worldThis is Japan人種差別HIP HOPフリースタイルダンジョンChildish Gambinoロボットくせのうた一水四見エッセイラップCreepy Nutsセクシャルマイノリティ研究
S-Labo
tags

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

お坊さんマインドフルネスWe are the world:25 for Haitiお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタいじめアロマコラムSOGIThis is AmericaShojin-Projectman in the mirrorリラックスゲイMichael JacksonHOME MADE 家族マイケル・ジャクソンR-指定ダイエットインタビューガキ使This Is Nigeriaストレスイベントエンディング産業展ゲイバーBlack or WhiteLGBTお金We are the worldThis is Japan人種差別HIP HOPフリースタイルダンジョンChildish Gambinoロボットくせのうた一水四見エッセイラップCreepy Nutsセクシャルマイノリティ研究

最近のお葬式事情について考えてみた|S-Labo

最近のお葬式事情について考えてみた

中野 孝海
考察葬儀

昨今、従来のお葬式に代わり様々な形のお葬式が選ばれるようになりました。家族葬、樹木葬、直葬、宇宙葬……。そんな中で、〝ゼロ葬〟という宗教的儀式をまったくしないという新たな考え方が生まれました。

最近のお葬式事情

最近になってお葬式の形は多種多様に変化してきました。従来の規模の大きなお葬式から、少人数の身内だけで執り行う家族葬。お葬式の宗教儀礼を一切行わず、故人を偲んで最後の時間を過ごすお別れ会や、死後二十四時間経過した後に火葬だけを行う直葬など様々です。また、それと同じように故人の遺骨、遺灰の扱い方も変化してきました。お墓に納める他にも、海などに遺灰を撒く散骨、墓石の代わりに樹木を植える樹木葬。宇宙に散骨する宇宙葬など様々です。遺灰を専用の小さな容器に入れたアクセサリーや特殊な加工によってダイヤモンド化するなど、遺灰をより身近な場所や存在として扱う動きも増えつつあります。

ゼロ葬

そんな中、宗教学者である島田裕巳氏が提唱する〝ゼロ葬〟と呼ばれる死後の在り方が生まれました。ゼロ葬とは文字通り〝0〟。つまり、〝葬式をしない〟〝遺骨を残さない〟〝お墓を持たない〟葬儀のことを表します。宗教的な儀礼も行わず、死後荼毘に付し、遺骨も持ち帰らずに斎場に引き取ってもらい、適切に処置してもらう。こうすることによってコストを削減し、墓を維持・管理していかなければならないという心理的な負担を軽減することができるというのがこのゼロ葬のメリットです。

意外なデメリット

一見するといいように感じるこのゼロ葬ですが、意外なデメリットも存在します。それは、親族や友人などの第三者の存在です。直葬などの場合、葬儀や告別式などを行わずに直接火葬場で荼毘に付されます。そうすると、後になって故人が亡くなられたことを聞いてトラブルになるケースがあるそうです。故人を偲ぶお悔やみの電話や手紙の対応や香典返しの準備など、本来であれば短期間でまとめて処理できるはずの作業が長期化するケースが多いというのです。葬儀という文化が根付いてきた日本の歴史の中で「誰かが亡くなったらこうしなければならない」という長きにわたって培われてきた伝統が色濃く残っているのかもしれません。

最終的な決定権

最近では生きている間に自分のお葬式の形や死後の手続きなどについて準備しておく〝終活〟と呼ばれる動きも広まってきました。自分の意見を明確に残しておくことは確かに大切です。しかし、最終的にどうするかを決めるのは残された遺族たちになります。どんなに故人がこうして欲しいといったとしても、現実的に難しいのであれば諦めるしかありません。そうなると遺族側にも故人の思いを尊重することができなかったという心残りになってしまう恐れもあります。一番は事前に話し合ってお互いの意見や考えをしっかりと把握しておくことこそが一番の最後を迎える準備になるのではないのでしょうか。

最近のお葬式事情について考えてみた|ページトップ