S-Labo

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

We are the worldアロマThis is AmericaLGBTイベントエンディング産業展SOGIエッセイHOME MADE 家族We are the world:25 for HaitiコラムR-指定セクシャルマイノリティ人種差別ラップThis is Japanマインドフルネスくせのうたお金ガキ使マイケル・ジャクソンBlack or Whiteお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタThis Is Nigeria研究いじめお坊さんCreepy NutsHIP HOPゲイChildish GambinoダイエットMichael JacksonShojin-Project一水四見ストレスインタビューman in the mirrorリラックスフリースタイルダンジョンゲイバーロボット
S-Labo
tags

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

We are the worldアロマThis is AmericaLGBTイベントエンディング産業展SOGIエッセイHOME MADE 家族We are the world:25 for HaitiコラムR-指定セクシャルマイノリティ人種差別ラップThis is Japanマインドフルネスくせのうたお金ガキ使マイケル・ジャクソンBlack or Whiteお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタThis Is Nigeria研究いじめお坊さんCreepy NutsHIP HOPゲイChildish GambinoダイエットMichael JacksonShojin-Project一水四見ストレスインタビューman in the mirrorリラックスフリースタイルダンジョンゲイバーロボット

笑い×お坊さん(後編)|S-Labo

笑い×お坊さん(後編)

中野 孝海
考察
DSC_1157

仏教における笑い

仏教にも笑いに纏わる話や言葉があります。また、各地にある仏像も、穏やかな微笑みを浮かべているものが多くあります。(一部例外もありますが)そうです。ほとけ様も笑えば、お坊さんだって笑うんです。何時も難しい顔をして難しいことを考えている訳ではないのでご心配なく。そもそも仏教には「和顔施」という言葉があります。これは物やお金ではない布施の形です。「布施」と聞くと真っ先に思いつくのが「お金」。お葬式や法事などが終わった時に僧侶に渡すものをイメージされる方が多いかと思います。そのため「お布施」=「僧侶に払う金銭」いう風に考えている人がほとんどのはずです。しかし、本来の布施というものは金銭だけを表す言葉ではなく、第三者に対して自分の所有しているものを施す行いのことをいいます。しかもそれは、モノだけに限りません。形のないもの、例えば笑顔もまた布施になるのです。

笑顔の布施

「和顔施」つまり「笑顔の布施」とは、相手と接する時に笑顔、和やかな顔で接することを言います。ムスッとした強面の人とニコニコした穏やかな表情の人がいて、どちらか一方に話しかけねばならなくなった時、皆さんはどちらの人に話しかけるでしょうか? 私だったら断然後者を選びます。笑顔には人を安心させる何かがあるのでしょう。そこで話は前回の緊張緩和の笑いに戻ります。

日本における笑い

仏教、というより日本人という存在は、苦境をも笑いに変えてしまう。そんな文化が昔からありました。例えば落語なんかがそうです。『死神』と『地獄八景亡者戯』。落語好きの方でしたら題名を聞いただけでピンと来る方もいらっしゃるかと思います。この作品、どちらも〝死〟がテーマとなっている作品です。本来であれば死や地獄という言葉は怖いもの、恐ろしいものという風なイメージが一般的ですが、落語の中ではそれを見事に笑い話へと変えてしまっています。このように、日本には古くから恐ろしいもの、忌むべき存在を独自のセンスで笑いへと昇華させる知恵があったのかもしれません。

笑わせるお坊さん

僧侶はその役割上、お葬式やお通夜など人の死に密接に関わる立場にあります。そしてそれを遺族の方々と共有していきながら過ごしていきます。その場にいる一人一人の心境は様々ですが、やはり暗く悲しい表情をしている方が多いのが実情です。しかし、お寺が悲しみや死を象徴するだけの場所になってしまっては、近づきにくい場所になってしまうでしょう。そのためには笑顔になってほしい。それも、ただ面白いものを見せて笑わせるのではなく、抱えている問題の解決への糸口を一緒に考え、その悲しみや苦しみを緩和し、ほっとしていただく。その安心感を与えることができる人に、僧侶や宗教者はなれるのではないのでしょうか?

笑い×お坊さん(後編)|ページトップ