S-Labo

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

LGBTイベントガキ使Childish GambinoShojin-Projectゲイお坊さんお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタくせのうたロボット一水四見ダイエットエンディング産業展HOME MADE 家族コラムお金R-指定エッセイマイケル・ジャクソンSOGI人種差別いじめBlack or WhiteWe are the world:25 for HaitiThis is Japanセクシャルマイノリティman in the mirrorMichael JacksonフリースタイルダンジョンWe are the worldCreepy Nuts研究マインドフルネスThis Is NigeriaアロマゲイバーリラックスストレスラップインタビューThis is AmericaHIP HOP
S-Labo
tags

>> お好きなキーワードを選択してください。そのキーワードの記事がまとめて読めます。

LGBTイベントガキ使Childish GambinoShojin-Projectゲイお坊さんお坊さん,不思議な話,呪文,護呪経,アングリマーラ,パリッタくせのうたロボット一水四見ダイエットエンディング産業展HOME MADE 家族コラムお金R-指定エッセイマイケル・ジャクソンSOGI人種差別いじめBlack or WhiteWe are the world:25 for HaitiThis is Japanセクシャルマイノリティman in the mirrorMichael JacksonフリースタイルダンジョンWe are the worldCreepy Nuts研究マインドフルネスThis Is NigeriaアロマゲイバーリラックスストレスラップインタビューThis is AmericaHIP HOP

世界共通の祈り|S-Labo

世界共通の祈り

中野 孝海
考察

大きな災害や事故、事件などが起きた日時に合わせて行われる「黙祷」。ニュースなどでその様子をご覧になったことのある方も多いかと思います。

「1分間、ただ静かに祈る」

大変シンプルな行いではありますが、よくよく考えてみると、実は凄い行いなのです。

imag0091

1分間の沈黙

 こちらの写真は12月15日に行われた「クラブアメリカ」VS「レアル・マドリード」の試合中の様子を撮影したものです。
 12月の8日から18日にかけて、大阪と横浜2つの会場で開催されてきたFIFA(国際サッカー連盟)クラブワールドカップ2016。その準決勝戦が同日横浜国際競技場で行われました。50,000人以上の観客が訪れた会場内は、試合中だけでなく試合開始以前からも熱気と興奮に包まれていました。
 それを象徴するかのように会場内は多くの音で溢れかえっていました。移動から生じる人々の雑踏だけでなく、試合に関する会話、サポーターたちの応援、それと共に打ち鳴られる太鼓……。
 しかし、それらの音は試合が始まる直前に消え去り、会場内は1分間の静寂に包まれれました。その間、コロンビアで発生した墜落事故の犠牲者への黙祷が捧げられたのです。

11月28日の悲劇

 11月28日の夜、ボリビアからコロンビア中部にある第二の都市メデジンの国際空港に向かっていた旅客機ラミア・ボリビア航空2933便が、メデジン市郊外の山中に墜落しました。乗客乗員含む77人中71人の死亡が確認され、その中にはブラジル南部のサッカーチーム「シャベコエンセ」に所属する選手たちの名前もありました。彼らは同月30日に南米サッカー連盟が主催するクラブチームのサッカー国際大会の決勝へ向かう途中に事故に遭い、その知らせは、国内外を問わず多くの方々に衝撃を与えました。

哀悼の意

 この悲劇を受け、FIFAは全世界に向けて、今週末に行われる試合において1分間の黙祷を行うようにとの要望を発表しました。今回の黙祷もそれを受けて行われ、試合開始直前に、黙祷を促すアナウンスと、その開始を告げるホイッスルの音が響きました。
 そこから1分間、終了を告げるホイッスルの音が聞こえるまで、会場内は文字通りの静寂に包まれたのです。先ほどまで会場内に響いていたエールも、期待と興奮からなるざわめきも全て消え、音を立てる者も、声を出す者もいませんでした。ただ静かに立ち上り、事故で亡くなられた方々に対する祈りが行われたのです。

祈りを捧げる

「黙祷:無言で祈りを捧げること。特に、死者に対し弔いの意を込めて祈りを捧げること」
(実用日本語表現辞典)
 日本国内でこの黙祷が浸透したのは、1923年に発生した関東大震災以降といわれています。その後大きな災害や事故、事件などが発生すると、その発生した日時に合わせて各地で行われるようになりました。8月6日と9日に広島と長崎で行われる原爆犠牲者慰霊平和式典においては、原子爆弾が投下された時刻に合わせて1分間の黙祷が捧げられています。この様子はテレビやラジオなどでも中継され、ご覧になられている方や、共に祈りを捧げる方も多いことでしょう。

世界共通の祈り

 この世界には実に多くの宗教と、それを信仰する方々が存在しています。長い歴史を持つ伝統的なものから、生まれて間もないものまで様々です。その信仰している宗教によって、信仰の対象は勿論、用いる言語や生活のスタイルも変化してきます。
 例えば同じ「祈る」という行為を行ったとしても、用いる言語も違えば、使う道具もそのスタイルも異なることでしょう。
しかし、今回取り上げた黙祷は、多くの場合1分間という短い時間の中で行われます。その中には特別な言葉も動作も、道具もいりません。
「ただ静かに祈る」
 非常にシンプルではありますが、実は世界で共通して行うことのできる数少ない祈りのスタイルでもあります。言語や国境、時には人種の壁をも超えることができる〝世界共通の祈り〟それが黙祷なのです。

 最後に今一度、今回の事故で亡くなられた方々に対してご冥福をお祈りし、黙祷を捧げます。

世界共通の祈り|ページトップ